--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.22 Ebony & Ivory
20070322195040.jpg

写真は昨年11月にお引渡しさせていただきましたリフォームです。
ちょっと特別なお部屋かもしれません。

二つの子供部屋をひとつにしてつくったサブリビングなのですが、
ここは、インテリア好きのご夫婦のための実験ブースでもあるお部屋。

数年後に生まれ故郷にもどっての新築を考えていらっしゃるという
クライアントは、今のこの家でいろいろなことを試したいとおっしゃっていましたが、
なんだか僕自身が試されているようなプレッシャーも感じつつの仕事となりました。

ご主人様はテニスで一年中真っ黒に日焼けしている精悍な方、
奥様はとっても明るく笑顔の美しい方です。


僕は主に住宅をやっておりますから、
普段はあまり表現的なデザインをすることはないのですが、

今回はやってみました!


昼と夜。光と闇。白と黒。それら対比するものに
クライアントであるご夫婦を暗喩させながら、
深い部分で繋がりあうような関係性がつくれたらいいなあ。
な~んて考えてみたわけです。


(理屈の上では・・・)

もともとそんなに広くないお部屋を広く感じさせるためにガラスの映りこみを利用したり、
黒く大きなピアノの圧迫感を打ち消すために光をピアノの黒い鏡面に映したり、
奥行き感のある柔らかい膜のような壁をつくったり、
同時にピアノの音が響きすぎないようにするための吸音壁でもあったり・・・
と、いうことなのですが・・・


(理屈では割り切れない気持ちの上では・・・)

夜になると柔らかく優しい光が闇に溶けこんでいく・・・そんなイメージです。


白と黒のキーボードが美しいメロディを奏でるように
対比するものが調和を生み出したとき、
(昔、ポール・マッカートニーとスティービー・ワンダーも歌っていましたね。)

素敵なことって起こるような気がしませんか?
スポンサーサイト
2007.03.22 プリンセス・アハ
dadaさんのマイミクさんの日向子さんからスタルクのことメッセージ
いただきまして、思い出したようにまたスタルクのこと書きたくなってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/7の日記でちょう吉とともに登場させていただきました
フィリップ・スタルクデザインのプリンス・アハという椅子。
(画像→)http://furniture-direct.co.jp/designer/starck/aha.html

この椅子、本当は、プリンス・・・ですから男の子なんですね。
確かにカタログ写真を見ますと王子様を連想させるフォルムです。

けれど、3/7の日記の写真を見てください。↓
http://remoon1118.blog83.fc2.com/blog-entry-3.html
上下逆さまに置いています。
すると、不思議。何だか女の子のように見えてきます。
なので、僕はこの逆さまのプリンス・アハのことを
勝手に(笑)プリンセス・アハと呼んでいます。

この椅子、実ははじめから上下どちらも使えるようにつくられているのです。

スタルクのデザインって全く違ったイメージが幾重にも重なり合うという
面白さがありますね。
そんなデザインに触れ、僕はいつも「ありがとう」という
気分になってしまうのです。

もちろん、スタルクさんにきいたわけはなく、
すべて僕の独りよがりな解釈に基づいて勝手に楽しんでいるのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。