FC2ブログ
--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.24 お玄関 。
N-02.jpg N-03.jpg

気付いてしまいました。


お風呂、お二階、お便所、お手洗い、お茶の間、お仏間、お玄関、お台所。
住宅の中で部屋や場所を示す言葉で、“お・・”を付けて呼べるのは
上記くらい(お玄関、お台所は変だという意見も・・・他にあるかなあ?)
で、それ以外は“お・・”を付けて呼ぶと不自然ということが。

お廊下(あるかも、でもなんかへん)、お一階(ありえない)、
お階段(へん)、お居間(へんすぎ)、お客間(へん)、お食堂(ないね)、
お洗面所(ない)、

すべての部屋を“お・・”を付けて呼べるわけではないのですね。

お二階ってけっこう普通に言いませんか?
お一階ってぜったい言いませんよね。

ふしぎだあ~。へんだあ~。なぜだあ~。


この謎。だれか解明して教えていただけないでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で、本日のテーマ“お玄関”。

大阪関係のマイミクさんお二人にその言い方は変やと言われながらも意固地に
“お玄関”です。すみません。

写真は僕のお気に入り、そしてちょっと自慢のお玄関!
何が自慢ってほとんどお客さんとお客さんのお孫さんそしてご友人に
つくってもらってしまったこと^^

しっくい壁の一部と収納の白塗装はお客さんにやっていただきました。
収納の把手も拾ってきた木の枝を輪切りにしてお客さんが取り付けたものです。
リビングドアのガラスにはご友人でアーティストのひ○みさんとお孫さんの
Mちゃんが白の水彩で絵を描いて下さいました。

このお玄関は、天井を低くしてあります。(床上+2100mm)
トンネルのようなこの場所をくぐり抜けていくと写真のような天井の高い居間
に入っていくというすんぽーです。

N-05.jpg

因みにお玄関だけでなくお部屋等の照明器具もほとんどお客さんの手づくり。
ほんとここまでくると設計者かたなしですネ(笑)
僕がやったことといえば、住まい手が自分らしさを表現するための下地を
つくっただけ。

と、そんな感じでした。でも楽しかったあ~!!!



スポンサーサイト
2007.04.24 お便所。
20070424094808.jpg 20070424094825.jpg 
 
「お便所」。


お客さんとの打ち合わせの中で僕はトイレのことをいつもこう呼ぶのですが、

変ですか?

他には、
「お玄関」、「お二階」、とか。

やっぱり変ですか?

こないだお客さんに笑われてしまいました。


でもね、


つい先日、そのお客さんも言ったんです。

「・・・お二階のほうのお便所は・・・・・」

?????!


わーい、うつった、うつった~!!!

20070424094833.jpg 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。