--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.09 鎌倉
SKMBT_C20311110909240.jpg 111108_144723.jpg 111108_145028.jpg


→続きです。

山口蓬春記念館の素晴らしさに続き、
カニづくしランチとビールを堪能した僕たち一行は、心もお腹も幸せいっぱいで
もう帰ってもいいかなモードになりかけておりましたが(笑)

まだまだいきますよ~


いざ!鎌倉へ。

鎌倉での2時間半は自由行動というプログラムでしたので、
ここぞとばかりに単独行動に出たアール・イーでございましたヨ(笑)

旅ってそもそも目的があってないようなもの。
予想外の何かに出会う愉しみを求めてひとりふらふらと気の向くまま、
そして、できるだけ気持ちをニュートラルにして歩きはじめてみました。

小町通りを北へ、そして鶴岡八幡宮の正面にまわり、境内のほうへ向かっていきますと・・・
・・・いきなりきました、ビビビっと(笑)左側側頭部の髪の毛を引っ張られるように。
僕の気持ちが向かった先は神奈川県立近代美術館です。

この県立近代美術館は鶴岡八幡宮の側からですとちょうど裏口にあたり、
企画展の告知もあまり目立たない感じでなされていたのですが、
ご神前であるにもかかわらず、どうにもこうにも僕の足はそちらに向かってしまいました。

近づきながらちらっと裏側が見えるその建物は白い箱を空中に浮かせたようなフォルムで
ル・コルビュジェを思わせる雰囲気です。それもそのはず、この建物はコルビュジェの
もとで修業を積まれていた坂倉準三さんの設計なのですから。
そしてその企画展の内容を見ましたら、何と!シャルロット・ペリアンの企画展だったのです。


http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2011/perriand/index.html

ペリアン女史と坂倉さんは前川國男氏とともにコルビュジェのもとでの同僚
だったはずです。
何か尋常でない気分にかられた僕は吸い込まれるようにその企画展の世界に呑み込まれて
いってしまい。2時間半の自由時間をこの場所で使いきってしまいました。

いままで、ル・コルビュジェの輝かしい仕事の陰であまり知ることのできなかった
シャルロット・ペリアンの仕事。
また、日本あるいは坂倉さんをはじめとする日本人同僚との関係。
そして、ペリアンさんの人間味あふれる魅力がプレゼンされていたその企画展は
本当に秀逸でした。
ましてや、当時のデザインスピリットがふんだんに盛り込まれた坂倉さん設計の建築空間
の中で体験できるなんて、、、

僕にとっては、予想外をさらに遙かに超えた幸せな出会いでした。
大仏様に会いに行かれた他の先生方を尻目にひとり抜け駆け気分(笑)
バチがあたらないといいけれど・・・

そして、シャルロット・ペリアンという女性に一気に恋におちてしまった
アール・イーなのでございます。


(写真左)
(左上に見えている)コルビュジェ大先生の手。そして愛すべきシャルロット・ペリアン女史。

(写真中央)
この建築空間を設計したのが坂倉準三さん。

(写真右)
名作シェーズロングに寝そべってすっかりいい気分のアール・イー^^

これで、オールスター勢ぞろいでございます(笑・失礼しました)



この日はこれで終わりではありません。
葉山、鎌倉を後にした僕たち一行は一路新宿へ。

そして、男女入り乱れての(冗談です^^)打上げ親睦会を行いましたヨ。

と、いうことで、男女35人秋物語でございました~(笑)
            ↑だいぶ古いか
スポンサーサイト
2011.11.09 葉山
111108_111359.jpg 111108_113457.jpg
111108_111444.jpg 111108_111236.jpg



昨日は、葉山そして鎌倉へ行って参りました。

僕にとっては、おつきあい、という意識レベルの研修ミニツアー、、、
、、、だったはずなのですが、、、

そんな意識を見事にひっくりかえされるほど濃厚で収穫の多いツアーとなりました。


葉山での目的は、山口蓬春(ほうしゅん)記念館の見学でした。
http://www.jrtf.com/hoshun/
(写真は携帯のためピンボケお許し下さい)

ほとんど知識を持たず見学をさせていただきましたが、
山口蓬春氏の友人でもある建築家、吉田五十八氏設計のこの建物の
素晴らしさに終始絶句していたアール・イーでございました。

特にこのアトリエ空間の素晴らしさといったら、、、すみません、
まる一日たった今でも上手く言葉にできず、絶句状態です。

でも語りはじめてしまったら500時間くらい必要でしょうから
そのほうが良いでしょう(笑)

とにかく時間が足りませんでした。
本当に気持ち良く居心地の良い場所、一日中でも居られそうです。
それに、吉田五十八氏が何とはなしにデザインするはずもなく、
そのディテールの謎解きをしているだけでも楽しくて、、、

20センチほど段落ちしている縁側のその訳・・・・・!
木製サッシ横桟の面取りになるほど~~~~~
はたして吉田五十八氏はルイス・バラガンとの接点はあったのだろうか???
などなど、誠に勝手に思いをめぐらしていたアール・イーでございましたヨ^^

微熱状態の僕は、後ろ髪を引かれる思いでその場を後にしたのでした。


そして、いざ!鎌倉へ。

いやいや、その前にごはんごはん(笑)

→続きます。
2011.11.02 出城まつり
111029_100945.jpg 111029_101518.jpg
111029_102049.jpg 111029_102243.jpg

先週の土曜日は、娘の小学校の出城まつり(=文化祭のようなものです)でした。

久しぶりに休みをとった僕は朝からいそいそと出かけて行ったのですが、
まだあまり人が集まっていなくて、、、9:00はちょっと早すぎでした。

しかたがありませんので、小学校周辺をお散歩しました。
何度も来ている場所ですけれど、いつ来ても気持ちのいい場所、
そして、いつ来ても新鮮な驚きが得られる場所です。

こんなに気持ちのいい場所と時間をほぼ一人占め。
なんて贅沢なのでしょう!
携帯でカシャカシャやりながらゆっくりゆっくりお散歩しましたヨ^^

木漏れ日と緑陰、軒下空間、・・・
日本文化の繊細さがここの周辺環境には満載です。
そして、西洋文化をも(うのみにするのではなく)見事に融合させた
和の精神がここにはあります。
四季をもつ日本という場所で、そして、世界の中では極東といわれる
この日本という場所で建築をやれることの幸せを感じます。

娘の通う小学校はこんなに素晴らしい環境の一角にあります。
そのことを娘はまだよく解っていないでしょう。
でもいつか世の中のことをもっと広く知ったときに娘にも解るときがくるはず。
そのときに、
こんなに素晴らしい環境の一角の中で、♪昭和時代♪(←文化祭のだしものでした・笑)を
無邪気に踊っていた自分を思い出し、微笑んでいる・・・。
そんな将来の娘を想像しているアール・イーなのでございます^^。

こどもたちのためにも美しい日本の文化と精神を守りたい。
改めて強くそう思います。
吉田桂二先生にさらなるリスペクトを感じながら・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。